ナイスな英語:英語でおしゃべり
ホーム
ナイスな英語

LET'S TALK IN ENGLISH!


【ナイスな英語サイトが誕生~】   【英語のジョーク!】 【英語の略語】  【日常英会話】 【医療英語】   【スラング英語】 &  【特集】   英語でおしゃべりしませんか?  Nice2.infoでLet's talk in English!  


IT英語編:

英語で楽しくおしゃべり出来るようになりましょう~。
ナイスな英語では、カテゴリー毎にさまざまな英語を紹介しています。
ここでは、インターネットで頻繁に聞く IT英語を説明していろいろな言葉をを 紹介していきたいと思います。




RSS Rich Site Summary: (アールエスエス)

Webサイトの見出しや要約などのメタデータを構造化して記述するXMLベースのフォーマット。主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。
RSSで記述された文書には、Webサイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができる。RSS文書を用いることで、多数のWebサイトの更新情報を統一的な方法で効率的に把握することできる。

指定したサイトのRSS情報を取り込んで更新状況をまとめたWebページを生成するアンテナ(巡回)ソフトや、デスクトップに指定したサイトの更新情報を表示するティッカーソフトなどが開発されている。また、ニュースサイトや著名なウェブログなどでは、更新情報をRSSで公開するところが増えている。

RSSにはいくつかのバージョンがあるが、数字の大きいものが上位互換性を持った後継規格というわけではなく、いくつかはそれぞれ別物になっているため注意が必要である。最初のバージョンはNetscape Communications社が「My Netscape」サービスのために1999年に開発したバージョン0.9である。これはコンテンツのメタデータを記述する包括的な仕様「RDF」をベースにしたものだったため、RSSバージョン0.91では、サイトの更新情報の配信に特化した仕様に改められた。

その後、RSS関連の技術から手を引いたNetscape社に代わり、RSS-DEVワーキンググループという開発者集団が再びRDFベースの仕様「RSS 1.0」( 1.0)を提案した。高度な機能をモジュール化して追加できるなど本格的な仕様だったが、0.9x系列の方を好むユーザも依然として多く、こうした人々の手によって0.9xの後継となる「RSS 2.0」( 2.0)が提案された。こうした経緯のため、RSSの仕様は大きく「0.9-2.0系列」(Really Simple Syndication)と「1.0系列」(Rich Site Summary)の2系統に分裂している。





バックアイコン 

トップ アイコン 

ネクスト アイコン 

お助け掲示板
※当サイトはリンクフリーです。 Copyright (C) 2006 Nice2.info ALL RIGHTS RESERVED