ナイスな英語:英語でおしゃべり
ホーム
ナイスな英語

LET'S TALK IN ENGLISH!


【ナイスな英語サイトが誕生~】   【英語のジョーク!】 【英語の略語】  【日常英会話】 【医療英語】   【スラング英語】 &  【特集】   英語でおしゃべりしませんか?  Nice2.infoでLet's talk in English!  


IT英語編:

英語で楽しくおしゃべり出来るようになりましょう~。
ナイスな英語では、カテゴリー毎にさまざまな英語を紹介しています。
ここでは、インターネットで頻繁に聞く IT英語を説明していろいろな言葉をを 紹介していきたいと思います。




schema schema language [スキーマ言語]

SGMLやXMLで文書を作成する際に、その構造を定義する言語。

XMLやSGMLは構造化文書を記述するマークアップ言語を作成するための「メタ言語」であり、それ自体は個々のタグの意味や関連性などを定義していない。

実際に文書を作成するためには、文書中でどのようなタグや属性が使われているかなど、具体的な文書構造を定義しなければならない。この構造を記述するために使われる言語がスキーマ言語である。

SGMLではDTDと呼ばれるスキーマ言語が使われ、HTMLの定義などに利用されてきた。SGMLから派生したXMLでも、DTDが使われている。しかし、データ型が定義できない点や、文法がXMLと無関係である点など様々な欠点が指摘され、より強力でXML仕様と整合性のある言語の開発が待望された。

XML関連技術の標準を策定しているW3Cでは、「XML Schema」と呼ばれる新たな言語の開発を進めているが、仕様が複雑で標準化は難航している。

これに対し、DTDの弱点を克服し、XML Schema並みの記述性を兼ね備えていながら、非常にシンプルな構造の言語として「RELAX」という言語が注目されている。/構文はXMLと同じで、データ型の定義や名前空間が扱えるなどの特徴を持っている。日本発の技術として、国際標準化機構(ISO)の標準となることを目指している。





バックアイコン 

トップ アイコン 

ネクスト アイコン 

お助け掲示板
※当サイトはリンクフリーです。 Copyright (C) 2006 Nice2.info ALL RIGHTS RESERVED