ナイスな英語:英語でおしゃべり
ホーム
ナイスな英語

LET'S TALK IN ENGLISH!


【ナイスな英語サイトが誕生~】   【英語のジョーク!】 【英語の略語】  【日常英会話】 【医療英語】   【スラング英語】 &  【特集】   英語でおしゃべりしませんか?  Nice2.infoでLet's talk in English!  


スラングの英語編:

英語で楽しくおしゃべり出来るようになりましょう~。
ナイスな英語では、カテゴリー毎にさまざまな英語を紹介しています。
ここでは、日常会話の中でアメリカ人がしょっちゅう使用しているスラングを紹介。
映画の中でも悪い言葉をはじめさまざまなスラングが使われています。



Dillweed

あまり日本では聞きなれない単語ですね。
Idiot (大ばか者)
Bunghole(たるの栓口)
intelligence(知性)やwit(機知)に欠けている事
inconsiderate(思慮分別のない)事。

テレビシリーズの漫画「the Beavis and Butt-head」で人気になった言葉で、軽蔑的な言葉として用いられる。 irrational(いらいら)/dumb behavior(馬鹿な行為)/low intellectual capacity(低脳)な物に対して定義する時に用いる。
文字通りには、"dillweed" は誰かを陰毛に例えています。
"dill" が"penis(ペニス)" のスラングで、頭の悪い、ばかな、とんまなという意味もある。(dill pickle(漬物)を思い出してください。)
そして "weed" は、雑草ですが、スラングで"hair(毛)"のことをさしています。


Shut up, you dillweed!
(黙れ。ばか者が!)

Frank is such a dillweed!
(フランクは本当に思慮分別のないやつだ。)





バックアイコン 

トップ アイコン 

ネクスト アイコン 

お助け掲示板
 
※当サイトはリンクフリーです。 Copyright (C) 2006 Nice2.info ALL RIGHTS RESERVED